【コラム】池袋再開発について

2020年の東京オリンピックに向けて、再開発を進めている池袋エリア。

新宿や渋谷と並ぶ三大副都心のひとつとされ、“国際アート・カルチャー都市”を目指しています。

池袋東口、建設工事中である池袋の再開発『(仮称)豊島プロジェクト』についてまとめました。

 

(仮称)豊島プロジェクトとは



所在地    : 東京都豊島区東池袋1-18

アクセス   : 池袋駅 徒歩4分

規模     :(オフィス棟)地下2階、地上33階
        (新ホール棟)地下1階、地上8階

竣工     :(オフィス棟)2020年5月 予定
        (新ホール棟)2019年4月 予定













出典:東京建物株式会社

Hareza(ハレザ)池袋 2020年夏、3棟グランドオープン

(1)オフィス棟‥2020年竣工/地上33階、高さ158m

(2)新ホール棟‥2019年竣工/地上8階、高さ41m

(3)新区民センター‥2019年竣工/地上9階

オフィス棟・新ホール棟・新区民センターが一体となり、ホールやシネコンなど8つの劇場を備える新複合商業施設です。

施設名称の意味合いは、

ハレ」=“ちょっぴりおめかしして出かける特別な場所・非日常を体験できる場所”を表す場

」=“多くの人が集まる場所・劇場”を意味する

この2つを併せ【Hareza】の造語となっております。

 

池袋エリア最大級の開発プロジェクト/池袋に新たな賑わいを創出するシンボル

出典:東京建物株式会社

オフィスビル《オフィス棟》

地上32階建ての高層ビル

1階には店舗、2階~7階には映画館、7階~32階にはオフィスが入ります。

オフィスはワンフロア約500坪予定です。

芸術・文化の発信地となる8つの劇場《オフィス棟・新ホール棟・新区民センター》

オフィス棟には、10スクリーンを有する「シネマコンプレックス」

新ホール棟には公会堂・店舗・集会場がメインとなり「ライブ劇場」も建設されます。

新区民センターには多目的ホール・貸会議室・2階~3階は大規模パブリックトイレといった、劇場という立地や防災を考えての設置があります。

それぞれの建物にはデッキで繋がれており、回遊性も高いようです!

 

◆オフィス市場への影響

9路線が乗り入れる、都心や郊外へのアクセス抜群な池袋駅‥

出典:東京建物株式会社

オフィスエリアとしての印象は薄いですが、大規模ビルのHareza池袋オフィス棟であるHarezaTower(2020年竣工予定)、ダイヤゲート池袋(2019年竣工)といったが現在建設工事を行っており、どのようなテナントが誘致されるか非常に注目のエリアです!働きやすい街としてイメージ定着を目指し、2020年以降も成長性、将来性の高いビジネスエリアとして変化していくのか注目です!ベンチャー企業のイメージが少ない街ですが、これを機にどんどん誘致してもらいたいですね!

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP