【コラム】グレーター日本橋

三井不動産が2004年から進めている日本橋の再生計画が、新たな段階である第3ステージに入ることが発表されました。日本橋川に沿って商業施設などが整備され、“親水空間”を中心とした開発計画です。

日本橋一体再開発の新ステージ「GREATER(グレーター)日本橋」についてみていきましょう。

 

新たな街づくり計画


日本橋エリアでは、三井不動産が進めている再生計画があります。

まず、第1ステージは2004年のCOREDO日本橋の開業をはじめ、街の機能に多様性を加える街づくりを推進してきました。2014年からの第2ステージは、街の固有の魅力を生かしながら、産業創造・界隈創生・地域共生・水都再生の4つのキーワードを基に、ハードとソフトが融合した地域開発を展開します。

そして2019年、日本橋室町三井タワーの開業を機に第3ステージ「グレーター日本橋」が始まります。第2ステージでの4つのキーワードに加え、共感・共創・共発の街づくりを目指していきます。

 

-開発コンセプト-

残しながら、蘇らせながら、創っていく

出典:三井不動産㈱

 

  • 日本橋周辺の代表物件

中規模ビルだけでなく大型ビルも集中しており、棟数・規模ともに都内トップクラスになるのではないでしょうか。

出典:三井不動産㈱

対象エリア


昭和通りを境に「WESTエリア」と「EASTエリア」に分け、それぞれ個性が異なるエリアの特徴を活かした一体的な街づくりを行います。

【WESTエリア/多様なニーズに応える再開発】

複合施設コレド室町に代表されるようなオフィス、店舗、ホテル、住宅を合わせたミックスドユース物件の建設や福徳神社、福徳の森といったコミュニティー拠点などがあります。

また、近年では武田薬品工業のグローバル本社や宇宙航空研究開発機構(JAXA)など、国際色豊かな企業・団体が進出したことが特徴として挙げられます。

【EASTエリア/生活を中心とした街】

マンションや小規模なホテルが増え、生活する街へと変化してきました。三井不動産では小規模ビルのリノベーションを行い、コワーキングスペースや飲食店の誘致に取り組んだ結果、人気店舗の出店が増え、普段日本橋に来ないような方が足を運ぶ要因になっています。

結果として、スタートアップやクリエイティブカンパニーの入居が進み、WESTエリアとは異なる個性が挙げられるようになりました。

出典:三井不動産㈱

 

3つの新たな構想


第3ステージを進めていくうえで、下記3点を中心に再開発を行っていきます。

(1)豊かな水辺の再生

  • 5つの再開発と首都高の地下化

日本橋川沿いでは、敷地面積約6.7ha(約2万坪)、施設の延床面積37万坪に及ぶ5つの再開発が予定されています。本開発と首都高速道路の地下化が実現すると、川幅含め幅約100m・長さ約1200mに及ぶ広大な親水空間が誕生する見込みです。

開発後の水都・日本橋イメージ(出典:三井不動産㈱)

  • 周辺エリアへの影響

日本橋川沿いの再開発が実現することで、東京駅周辺と日本橋エリアの一体化も実現します。東京駅周辺はより歩いて楽しいエリアへと変わりますね。さらには舟運ネットワーク拠点の役割を果たし、羽田、お台場、芝浦、晴海、豊洲、浅草などウォーターフロントともつながります。

出典:三井不動産㈱

  • 商業施設や広場の誕生

川沿いには、商業店舗のほか、広場・オフィス・アコモデーション施設等の展開を予定しています。親水空間にはアートや憩いのスペースも整備し、その空間を活かしてフェスティバルやカンファレンスも実施され、賑わいある街並みへと変化します。

日本橋川沿いの賑わい(出典:三井不動産㈱

(2)新たな産業の創造

ライフサイエンスに加え、下記3点を新たな戦略として加えました。

  • 宇宙(課題解決の新たな可能性を見出す)
  • モビリティ(日本橋は水陸の要所。新たな都市サービスの提供)
  • 食(魚河岸を核とした江戸の食文化の街。食文化継承と革新に挑戦)

これらのビジネスとカルチャーの発展を目指し、賃貸オフィスやサービスオフィス、カンファレンス、シェア型ラボなどを設置する予定です。

出典:三井不動産㈱

(3)世界とつながる国際イベントの開催

三井不動産が有するホール・カンファレンス、公共空間も含む「場」を繋げて、街全体をイベント会場化し、国際発信力のある大型イベントの開催を検討していく予定となっております。

伝統と革新が融合する日本橋エリアの特性を活かし、新たな魅力的な企画を生み出せるのではないでしょうか。

街まるごとイベント会場化(出典:三井不動産㈱

 

日本橋の未来図


江戸から続く水の都として、世界でも例のない独自の親水空間を創出され、今まで以上の賑わいのある街へと変化します。

“異なる個性を持つ日本橋”

WESTエリア、EASTエリアそれぞれが異なる個性を持っていて、その違いがGREATER日本橋全体の魅力の創出につながっています。

2020年の東京五輪・パラリンピック後に着工し、2030年~2040年の完成を目指し進められていくGREATER日本橋の完成が今から待ち遠しいですね。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP