【コラム】原宿駅改良工事

オリンピック開催前を目途に至る所で再開発が行われていますが、JR原宿駅も改良工事が進められています。2020年3月21日より新駅舎と新ホームが供用開始予定です!

どのように変化するのか、詳しくみていきましょう。

 

計画内容


2020年東京オリンピック・パラリンピック開催終了後に旧駅舎を解体し、新たに開業する商業施設の一部として建て替える予定となっております。

混雑緩和や利便性・快適性の向上などを目的として改良工事が進められ、「新駅舎」「新ホーム」は2020年3月21日から供用開始予定です。

現“原宿駅”の問題点は・・

ホームや改札内のコンコースが狭く、ラッシュ時や周辺での大規模イベント時の混雑が課題となっています。

また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは会場の一つである国立代々木競技場の最寄駅となり、エレベーターの増設や明治神宮側に新たに出入口の設置も行います。

 

都内最古の木造駅舎


現在の駅舎は2代目で、大正13年(1924年)に竣工し“都内に現存する最古の木造駅舎”として運用していました。

骨組みがむき出しになった「ハーフティンバー」と呼ばれる建築様式が使われており、レトロな印象の建物は原宿のシンボルとして長年親しまれてきましたね。

しかし老朽化や耐火性能が低いことから解体が決定し、できる限りデザインを再現することで新たな商業ビルの一部になります。

 

新駅舎


全体の平面図はこのようになります。

出典:JR東日本

“新たにカフェやコンビニも”

線路とホームの上に2層からなる建物が設けられ、1階に駅施設やコンビニエンスストア、2階にカフェが入ります。コンコースは約3倍、トイレは約2倍拡大予定です。

外観イメージ(出典:JR東日本

“大幅拡張、出入口も2方向に”

表参道改札は2通路増えるとともに、表参道方面と明治神宮方面の2方向に出入口が設けられます。また、24人乗りのエレベーターが設置されます。

乗降客が出入りする動線が増えることでの混雑緩和が期待できますね!

改札イメージ(出典:JR東日本

新ホーム


原宿駅の新ホームは、これまで年末年始のみ使用していた臨時ホームを改良して新設します。

山手線外回り専用ホームとなり、内外共通だった既存ホームが山手線内回り専用ホームとなる。また、新ホームには地下通路が設けられ、竹下口改札も利用可能になります。

 

今後の計画


年末年始における原宿駅臨時改札の取り扱いについて先日発表がありました。駅改良工事に伴い、昨年と同様に臨時ホームの使用を取りやめるため、今回で明治神宮側に出る臨時改札の設置は最後になるとのことです。

【臨時改札の利用期間】

2019年12月31日(火)23:00~2020年1月1日(水)17:00
2020年1月2日(木)~1月5日(日)10:00~17:00

 

趣のある駅舎の解体は寂しいですが、意匠の再現は今から楽しみです。

公共交通機関として機能的に生まれ変わる新たな原宿駅に期待したいですね。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP