【コラム】東五反田2丁目第3地区開発計画

大崎駅と五反田駅の間、目黒川沿いにて計画されている「東五反田2丁目第3地区開発計画」。

再開発対象地区は大崎駅周縁、地域都市再生緊急整備地域内側、東五反田2丁目12~14の約1.6ヘクタールです!

どのような開発になるのか詳しくみていきましょう!

計画地の位置及び区域


東五反田二丁目第3地区は大崎駅と五反田の間に位置しております。桜が綺麗な目黒川に面しており、人気のエリアですが、地区内には約30棟の建物が存在し、築35年以上経過している建物が6割を占めています。また、地区内には歩道が無い箇所や狭い道路があることから、安全性・防災性の課題があります。それらの問題を解決し、目黒川に面する環境を活かしたまちづくりを推進し、耐震性に優れた建築物の整備、道路、歩行者空間や公園、広場の整備による目黒川親水空間の形成を図る為に今回の計画が進められました。

建設委員会資料

 

東エリア・中央エリア・西エリア


東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合は敷地を3分割し、東エリア(A地区、業務等)中央エリア(B地区、住宅棟)、西エリア(C地区、公園)に分ける事を計画しています。

地上約20階の業務棟(A地区)、地上約40階で保育所が完備された住宅棟(B地区)、目黒川沿いに緑豊かな公園(C地区)を形成する事で、より暮らしやすい空間に整備します。

 

 

建設委員会資料

【概要】

A地区(業務棟) B地区(住宅棟)
敷地面積 約9,200㎡ 約4,500㎡
延床面積 約70,000㎡ 約41,000㎡
主要用途 事務所・店舗 住宅・保育所
規模 地上:約20階 地上:約40階
建物高さ 約GL+110m 約GL+150m

 

公共施設等の整備


◆安心・安全なネットワークの形成

道路沿い、目黒川沿いおよび業務棟と住宅棟の間に約4~6mの歩行者空間を整備する事で、安心して通行が出来る空間を形成します。

 

◆東五反田地区の骨格道路の形成

当地区北側の道路(地区幹線道路4号)を幅員12mに拡幅整備することで、地域の安全な自動車ネットワークを形成します。

◆地域のシンボルとなる目黒川親水空間の完成

区域周辺には「五反田ふれあい水辺広場」「御成橋公園」などがあり、再開発により山本橋の橋詰には公園(約1,500㎡)、御成橋の橋詰には広場(約700㎡)を整備することで、隣接地区の公園・広場と一体となったまちの顔の形成を計画しております。

 

◆親水緑道をつなぐ

当地区周辺では、民地と河川管理用道路の整備が進められており、桜並木や目黒川をより魅力的に感じられる空間が作られる予定です。

建設委員会資料

今後の予定


現段階では、準備組合が説明会を行った段階なので実際の再開発が始まるのはまだまだ先になりそうです。今後は2020年を目標に都市計画を決定し組合を設立、権利変換計画認可を経て着工へと進む予定です!目黒川周辺がどのように変化するのか、今からとても楽しみですね!

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP