【コラム】JR横浜タワー

横浜駅直結の「JR横浜タワー」が新たに誕生します。

アクセス抜群であり、買い物や映画を楽しめる他、開放的なイベントホール、観光案内所、屋上広場、ワークスペースなどが設置予定です。防災面でも優れており、災害時には避難場所として活躍が期待されております。

では、詳しく施設内をご紹介いたします!

 

歩行者ネットワーク


横浜駅とJR横浜タワーが繋がる事で駅から街へと繋がる接続が便利になります。今まで以上に行き来がスムーズになり、更なる賑わいが期待されます!

出典:JR東日本ニュース

 

アトリウム


JR横浜タワーの1階~4階はアトリウムとなり、明るく開放的な大規模空間として人々を楽しませます。

2階はライブやトークショーなどイベント利用が出来る「ライブステージ」、2階から4階はコンコースやステージ、駅を出入りする電車を見下ろす事が出来る「街のラウンジ」として利用可能です。壁面には超大型ビジョンも設置されプロモーションやイベントを盛り上げます。

出典:JR東日本ニュース

 

観光案内所


アトリウムの 2階には、横浜市が観光案内所を設置します。日本人のみならず海外から訪れる観光客に対しても分かりやすく日本のオススメスポットを伝えられる様に、常時3か国語以上での案内を実施予定です!

出典:JR東日本ニュース

 

うみそらデッキ


JR横浜タワー 12階には横浜の景色を一望できる屋上広場が設置されます。テーブルやベンチの他、季節感のある木々や花が植えられ、訪れる人の憩いの場となる事が期待されます。

出典:JR東日本ニュース

 

横浜駅周辺総合防災センター


JR横浜タワー3階には横浜市が「横浜駅周辺総合防災センター」を開設します。大規模災害発生の際に横浜市が災害対策本部やJR横浜タワーの防災センターと連携し、人々の安全を確保します。また、館内のスペースを利用し、滞留者は10,000人、帰宅困難者は3,000人受け入れが可能です。

 

ワークスペース「STATION SWITCH」


JR横浜タワー の12・13 階には法人や個人、様々な働き方の変化に対応したワークスペースが設けられます。会員制の個室、ブース席、ラウンジ席が設置され、駅近で気軽に立ち寄る事が出来る場として活躍が期待されます。

出典:JR東日本ニュース

【 概要 】

名称 :JR横浜タワー
敷地名称 :約8,700㎡
延床面積 :約98,000㎡
店舗面積 :約24,352㎡
高さ :135m
階数 :地上26階、地下3階
用途 :商業施設、業務施設
開業時期 :2020年6月18日より順次開業

NEWoMan横浜、T・ジョイ横浜、CIAL横浜


施設内にはルミネが運営するNEWoMan横浜(ニュウマン横浜)」、映画館の「T・ジョイ横浜」、買い物を気軽に楽しむ事が出来る「CIAL横浜(シァル横浜)」など大規模商業施設が開業予定です。

●NEWoMan横浜

30代~40代のラグジュアリーな女性をターゲットにしており、ファッション、レストラン、コスメ、ライフスタイル雑貨などの店舗が合計116店舗設置予定です。

●T・ジョイ横浜

9スクリーンのシネマコンプレックスで、座席は1,300席です。「DOLBY CINEMA(ドルビーシネマ)」という最先端の映像技術、立体音響技術で今まで体験した事のないような没入感を味わう事ができます。

●CIAL横浜

CIAL横浜は1962年に誕生し、2011年に閉店しておりましたが、この度、横浜駅西口に復活します。上質な食材、総菜、生鮮食品を備えた食品売り場や立ち寄りスペースなど、食の専門店の集積として活躍が期待されています。

 


 

当初2020年5月30日開業予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により開業延期となりました。

2020年内に開業予定となっており、商業施設ごとに開業日が異なります。

  • NEWoman横浜・T・ジョイ横浜(2020年6月24日)
  • CIAL横浜(2020年6月18日)
  • JR横浜鶴屋町ビル(2020年6月27日)

横浜エリアがますます便利になりそうで、楽しみですね!

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP