【コラム】三菱地所、ロンドンで超高層オフィスビル開発

三菱地所は2019年3月25日、英ロンドンにおいて「(仮称)8Bishopsgate」開発計画の建築工事に着手したと発表しました。このプロジェクトは、ロンドンの中心部に同社が保有する隣接した2棟のオフィスビルを一体で建て替え、51階建ての超高層オフィスビルを開発するものです。

開発計画について詳しくみていきましょう。

 

概要


所在地 : 6-8 Bishopsgate, London EC2、150 Leadenhall Street, London EC3
敷地面積 : 約3,460 ㎡
延床面積 : 約85,000 ㎡
賃貸可能面積 : 約 53,000 ㎡
基準階面積 : 高層フロア(27-48 階):約 750 ㎡
  中層フロア(12-26 階):約 1,300 ㎡
  低層フロア(03-11 階):約 1,700 ㎡
規模 : 地上51階、塔屋1階、地下3階
最高高さ : 約204m
建物用途 : オフィス、店舗、展望ギャラリー
建築工事スケジュール : 2019 年~2022 年末(予定)

出典:三菱地所㈱

 

「(仮称)8 Bishopsgate」開発計画


《物件所在地》

(仮称)8 Bishopsgateは、多様な企業が集積するシティの中心部に位置し、保険市場の中枢であるロイズ本社ビルに隣接する好立地です。

出典:三菱地所㈱

《建物の特徴》

―オフィススペース―

建物は高層・中層・低層エリアで異なる面積のオフィススペース(基準階面積 各約 750㎡、1,300 ㎡、1,700 ㎡)を提供し、幅広いテナント層に対応可能です。

出典:三菱地所㈱

―外観―

全面ガラスとなる外装には、環境性能とメンテナンス性に優れたクローズドキャヴィティファサード(密閉型ダブルスキン)を採用するほか、雨水を中水として再利用するなど、環境面にも配慮し、英国の建築環境評価 BREEAM 認証の Excellent を取得する見込みです。

南方からのイメージ (出典:三菱地所㈱)

―設備―

中間階には屋外テラスのほか、屋内に共用ワークスペースやイベント・交流施設を整備、地下には大規模駐輪場の設置も予定し、ロンドンでの多様な働き方のニーズに応えます。

中層階及び12階屋外テラス (出典:三菱地所㈱)

〈高層階〉                                       最上階には展望ギャラリーやイベントスペース等を設置予定

〈中間階〉                                       充実したアメニティ施設でワーカーをサポート

〈低層階/エントランス及び地下階/共用施設〉                       解放感あふれるエントランス内のロビーにも共用ワークスペースを設置し来館者の利便性を向上

展望ギャラリーイメージ (出典:三菱地所㈱)

ロビーイメージ (出典:三菱地所㈱)

 


三菱地所は、85年に英国での事業をスタートし、翌86年に現地法人を設立して以降、30年以上にわたりオフィスビルの開発・賃貸事業を展開。欧州ではロンドンを軸に、仏パリや独ミュンヘンを含め約10のオフィスビルを手掛け、積極的に事業エリアを拡大しています。今後の海外展開、そして「(仮称)8 Bishopsgate」の2022年末の完成が楽しみですね。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP