【コラム】サブスクリプションサービスで革命を 株式会社subsclife

家具のサブスクリプションサービスで業界に革命を起こすべく、2019年4月16日、社名変更を発表した「株式会社subsclife」。新しいサービス提案をする株式会社subsclifeについて、詳しくみていきましょう。

 

株式会社subsclife


《会社概要》

会社名 : 株式会社subsclife(Subsclife Inc.)
代表者 : 町野 健
所在地 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道218
設立日 : 2016年11月9日
事業内容 : 家具のサブスクリプションサービス「subsclife(サブスクライフ)」の企画・開発・運営
関連会社 : KAMARQ HOLDINGS PTE. LTD.
  カマルク特定技術研究所株式会社
  PT.KAMARQ REKAYASA STRATEJIK

出典:KAMARQ HOLDINGS PTE. LTD.

《社名変更について》

家具のあり方を再定義する「Furniture 2.0」の実現を目指し、「IoT」と「サブスクリプション」事業を展開するKAMARQ HOLDINGS PTE. LTD. の日本法人であるカマルクジャパン株式会社は、 2019年4月16日、「株式会社subsclife 」に社名変更を発表しました。

家具は「高い、買い替えと処分が大変」という課題に対応するため、2018年、家具のサブスクリプションサービスsubsclifeの提供を開始。「家具にとどまらず、よりよい暮らしを実現する選択肢を世の中に増やすこと」をミッションとして、サービス名と社名を共通化しました。

 

subsclife(サブスクライフ)とは

新社名subsclifeは、subscription(定期購買)+life(暮らし)の造語。月額制で必要な時に、必要な分だけ、暮らしに必要なモノを利用できるサービスです。

出典:㈱subsclife

 

サービスについて


デザイン性と機能美を兼ね備えたオリジナル家具や人気ブランド家具を、500円からの月額制で提供し、回収までサポートしてくれます。ライフスタイルの変化に合わせて、“必要なとき、必要な分だけ選ぶ”ということができるサービスです。

 

《7つの導入メリット》

1. 月額払いだから、初期導入コストを大幅ダウン
   家具導入時にかかるコストは初月の月額利用料金と送料だけ。
2. 使い続けても、商品定価を超えない月額料金設定
   利用期間のお支払い合計は商品定価を下回る設定。
   その後継続しても、定価に達した後は月額500円(税別)でサポート継続が可能。
3. 新品デザイン家具を、全国どこでも1個から
   人気ブランド家具やこだわりのデザイン家具を新品で、日本全国どこでも1個から利用可能。
4. トレンドやニーズに合わせた空間コーディネート
   さまざまなご要望に併せて、専任コーディネーターが空間作りを無料でお手伝い。
5. 自由に選べる利用期間・終了後の選択肢
   3ヶ月〜24ヶ月の間で自由に利用期間を選ぶことができ、
   また利用後は、継続・買取・返却など自由に選択可能。
6. 固定資産管理の手間を削減
   オフィス家具を経費として処理できるため、
   固定資産計上や減価償却処理など、事務作業の削減が可能。
7. 災害や不注意の商品破損を補償
   様々な災害に加えて、お客様の取扱い不注意による破損・全壊が起きてしまった場合でも、
   subsclife負担で、修理や新品へ交換。

出典:㈱subsclife

 

《サービス利用の流れ》

STEP1. 利用したい家具と期間を選択  …商品選びに迷ったら、コーディネートについても相談可能。
       ⇓
STEP2. 配送・受け取り        …通常、1週間〜1ヵ月ほどで納品。
       ⇓
STEP3. 利用・お支払い開始      …破損時にも補償してくれるので、傷や汚れを気にせず利用可能。
       ⇓
STEP4. 利用期間終了後の選択     …WEBサイトから、継続・返却・購入のいずれかを申込。

出典:㈱subsclife

 

大きな初期費用を支払うことなく、処分について悩む必要もない。結婚や転勤、初めての一人暮らしなど、生活環境の変化に応じて自由に家具を変え、気に入った新品家具を利用できるという、今までの家具に対しての課題にしっかりと対応しているsubsclifeのサービス。自由で柔軟な新しい家具との付き合い方、是非上手く利用していきたいですね。

出典:㈱subsclife

 


同社は社名変更を発表した同日、多面的な経営支援、IPO支援を行うXTech Ventures株式会社を引受先とする約1億円の資金調達の実施も発表しました。これにより、「subsclife」のシェア拡大に向けた施策を加速させることになります。

2019年5月20日には、OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社が展開する、日本初アパートメントサービス「OYO LIFE」の入居者向けサービス「OYO PASSPORT」と提携したこと発表しました。「subsclife」を通じて初期費用を抑え、利用者により良い空間価値の提供に貢献していくとのことです。


弊社でも、お客様へsubsclifeのサービスをご紹介させていただき、実際にご利用されているお客様もいらっしゃいます。

家具業界に革命を起こすべく、次々と新しいチャレンジを行っている株式会社subsclife に今後も注目です!

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

03-6416-3086 10:00〜18:00(土日祝日を除く)

RECRUIT

クリアビジョンでは、
オフィス仲介という仕事を通して
共に成長していける仲間を募集しております

PAGE TOP